-まるかじり西アフリカ-

2001年4月に第一回目を開催し、2008年の36回迄続いた「まるかじり西アフリカ」

 

そのタイトル通り、ファンサバの活動の3つの柱、

 

「体験する」

「楽しむ」

「学ぶ」

 

を3部構成とし、毎回3名の講師をお招きし、たのしくアフリカの文化を体験し、社会を学び、考えるきっかけにしていただこうという目的で実施しました。

 

 

第一回は

  ●トーク:パリダカールのレーサーとして活躍された金森さんによる"SAVE AFRICA"の活動紹介とトーク

  ●ジェンベ体験:写真家としても活躍されているジェンベ奏者、千房輝さん

  ●ダンス体験:FAN3代表土屋によるダンスレッスン

 

以上のプログラムを実施しました。

 

 

 『参加して下さったみなさんが、西アフリカのことに興味を持ち、今後自分なりのかかわりを見つけてくださると嬉しいです。(もちろん、西アフリカが入り口で、他の地域に飛んでいっても、それもとても素晴らしいことだと思います。)

 ジェンベのフレーズを一つ覚えることで、大切な木と動物の皮から作られた一つの太鼓をもっと大切にする気持ちが湧くかもしれません。

 ダンスのステップをみんなで楽しむことによって、かの地の人々の暮らしを少しは垣間見ることができるかもしれませ
ん。

 日本にはない、約束事や習慣を伝え聞くことによって、いままで自分とは関係ないと思っていた人たちを身近に感じ、もっと理解しようと思うかも知れません。

そんなきっかけをFAN3-fan saba-はこれからもつくっていきたいと思います。』

 

 

 このような目的のもと、以後36回まで、様々なテーマで講師をお招きし、アフリカの文化と社会を学び、楽しみながら体験する「まるかじり!西アフリカ」を実施しました。

 

【講師とテーマ】

第一回 ”人間力先進国アフリカから教わるエネルギー”

トーク:金森立(SAVE AFRICA)

ジェンベ:千房輝

ダンス:土屋萬佐子

                  つづく